ウーパールーパーの智慧

ウーパールーパー、子供、学習、生活お役立ち情報など

【レビュー】Bluetoothイヤホン "ULTIMATE Solid" を使用した感想

ついに念願のワイヤレスイヤホンを買いました!!

使ってみて初めて分かった驚きの事実がいくつかあるのでまとめておきます。


使用するまでは、

・ワイヤレスイヤホンは気になるけど、接続する時に面倒くさそう

・落として無くしそう

・イヤホンも充電しなければいけないなんて面倒臭い


といった理由で及び腰でした。
しかし、有線のイヤホンはよく絡まっており、それを直してから聞く手間を思えば、Bluetoothの接続設定くらい面倒くさくないかな、と思い買ってみることにしました。

ワイヤレスイヤホンを選んだ条件

そこで、

・落として無くさないように、左右のイヤホンが繋がっているもの

・連続再生時間が長いもの(7時間以上)


の二つを満たすワイヤレスイヤホンを大型電気店で探しました。


かなり沢山の種類があったので、追加の条件として、

・音域(再生周波数帯域)が広いもの


を加えました。多くのイヤホンは周波数帯域20~20000Hz辺りですが、これより低音(低周波数)までカバーしているものを探しました。


「ULTIMATE Solid (radius)」を選んだ理由

某大型電気店のワイヤレスイヤホン売り場を隅から隅まで探した結果、

「ULTIMATE Solid (radius)」が一番良くこの条件に一致しました!


価格の上限は気にしないで探したのですが、お値段約8000円でした。

 
この機種は、

連続再生時間:最大9時間

再生周波数帯域:4~25000Hz

最大通信距離:約10 m


そしてシンプルな形状です。

耳の部分が大きいと痛くなりそうなので、シンプルなものが良いかなと思いました。

f:id:MisaTamaki:20181229222444p:plain

 

使用して気が付いたこと


・接続は面倒くさくない!


イヤホンの再生部分を長押ししランプが点灯したら、スマホ側の設定>Bluetooth接続をオンにします。「Radius HP-N300BT」を選択。あとはスマホで音楽をスタート。


(イヤホンの電源をオンした時、スマホと接続したときに音声で教えてくれます)


そしてなんと、一度この設定をやっておけば、後はもうこの作業はやる必要はありませんでした!

知りませんでした!


イヤホンの電源を切っても、また電源をつければ自動でスマホに接続されました。


スマホ側のBluetoothをオフにしても、スマホのBluetoothをまたオンにしてイヤホンの電源も入れなおせば自動で接続されました!!


毎回最初の接続設定をしなければいけないのかと思っていたので、こんなに簡単でビックリしました!

 

あとはイヤホン側の再生、ストップボタンを押すだけです。

 

・ワイヤレス最高!


素晴らしいですね!快適です。音質もとても良いです!

今まで3000円位の普通のイヤホンを使っていたのですが、それよりも音質が良いです。


そして隣の部屋にいても途切れることなく聞こえます。

(*電車や駅ではたまに次の曲が再生されないことがありました。)

 

たまにスマホがどこにあるのかわからなくなりますが(笑)、そのうち慣れると思います。

・音が大きい??(直せました!)


初めて使用したとき、音が大きくてビックリしました。

一番音を小さくしても大きくて、さらに小さくすると消音になってしまう。。


大丈夫かな?と思ったのですが、スマホ側の設定を変えることで改善したのでその方法を載せておきます。


スマホ(iphone7) の設定→ミュージック→音量制限(小さくする)→音量を自動調整(オン)

 

f:id:MisaTamaki:20181229222748j:plain

f:id:MisaTamaki:20181229222816j:plain

f:id:MisaTamaki:20181229222844j:plain


これで快適に使えています!

(Power on, Power off, Connected, というアナウンスは大きいままでたまにビックリしますが。。)

おススメです!!

 

追記ですが、

イヤホンの電池残量がスマホに表示される

これも使ってみて初めて分かったことなのですが、イヤホンの電池残量がスマホに表示されます。

iphone7を使っているので、他のスマホでも表示されるかはわかりませんが、上部のスマホの電池残量の隣にイアホンマークと電池マークが表示されます。